ぎゃらりー鈴ブログ>

丹波里山便り モンキアゲハ舞う

山のつつじも盛りは過ぎましたが、つつじのミツを吸う2匹のモンキアゲハが、つかず離れず花周辺を舞っていました。春たけなわの風情です。

植物の勢いが盛んで栗も小さい花をつけており、新緑が日増しに濃くなっています。それに伴い栗の若葉には虫が発生して、柔らかい葉をどんどん食い荒らしています。また、下を見れば雑草や小笹が元気丸出しで刈り取りに苦労させられます。忙しくなってきました。

このモンキアゲハは、羽に白斑紋がある日本最大のアゲハです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

top