ぎゃらりー鈴ブログ>

カテゴリー: 丹波里山便り

山菜採り ワラビ

P1020802

7,8年前に鉢伏でワラビ採りに行った時、試しに根っこごと採って帰り、丹波の私の山に移植したところ、根付いて毎年このように出てくれるようになりました。もともと山菜採りが好きでワラビ狩りに出かけていましたが、数年前から自分山でたっぷり収穫できます。4月13日にはバケツ一杯も採れ知り合いにプレゼントしました。

またこの時期には、タケノコも採れ山からの恵みに感謝です。タケノコは、イノシシの好物でまだ地表に見えない一番美味しい時期に、先を越されます。深さ30センチほどの穴があちこちにあります。数年前に竹やぶの一部にネットを張り対策をしています。

タラの芽、コシアブラと山菜が続きます。山で過ごすのが一番楽しい時期です。


里山通信 やまももの花咲く

P1020798

7,8年前に丹波にある私の山にヤマモモの苗を植えました。1m位の苗が5,6mほどの大きさになりました.昨年に初めて花が咲き、実もつけました。そこそこで大きい実で食べることが出来ました。子どもの頃、学校帰りにわざわざ遠回りをして実を取ったことを懐かしく思い出します。


里山便り 春近し 蕗のとう

P1020792

いつかいつかと、待ち遠しかった蕗のとうを3月6日に見つけました。春の到来を告げてくれるものはいろいろありますが、色といい、形といい、味といい蕗のとうが一番ではないでしょうか。早速天ぷらにしていただきました。

これからワラビ、タケノコ、コシアブラ、タラの芽等が楽しみです。ご希望の方にはプレゼントしたいと思いますので、どうぞコンタクトでご一報ください。


丹波里山便り

P1020783P1020777

平成28年1月24日の写真です。私の山小屋・工房は、兵庫県丹波市春日町柚津にあります。一般道から40mほど入ったところの建てました。この日はこの冬一番の寒波で予報通り降雪がありました。およそ6センチほど積もっていました。前日から小屋に泊まり、木ろくろで器を削っていましたが、晩の寒さはやはり相当なものでした。

しかし、2枚目の写真のように小屋内には大型の薪ストーブを設置しています。薪は、チェンソーで切ったり斧で割れば無尽蔵にありますので、ガンガン薪を燃やせます。もともと、薪ストーブにあこがれており、小屋を建てたのも薪ストーブを置きたかったからです。

作業終了後は、ストーブの前でちびりちびりとウィスキィーをなめながら、好きな本を読むのが至福の時です。晩は物音一つしません。

獣は、シカ、イノシシ、タヌキがおります。シカは、糞があちこち散らばっています。イノシシは、タケノコの被害ですぐ分かります。タヌキは数年前に子ダヌキを見かけました。         次の山での作業は、シイタケとナメタケの菌植えです。


里山通信 モズのはやにえ

P1020762

写真の中央に、カエルがはりつけのようにぶら下がっています。少しグロテスクな感じですね。写真では分かりませんが、カエルはひからびています。子どもの頃、野原でよく見かけることがありました。

「モズのはやにえ」といわれています。モズが冬の食料確保のため、枝の先端に取ったエサを突き刺し保存する、食べる時動くエサを固定する、あるいは本能的な行動等々、いろいろ説があるようです。カエルのほかにトカゲもよく見かけます。

里山での自然の営みです。私の山、丹波春日柚津での一コマです。


里山通信 栗の木の紅葉

P1020760

私の山(丹波市春日町柚津)の一風景です。10年ほど前に植えた栗の木が大きくなりました。数年前から実がつき始めました。昨年はたくさん収穫できました。栗ご飯が美味しかったです。この写真は12月初めに写しました。2本写っていますが、右と左の木では同じ栗でも紅葉の度合いが違います。左はすっかり茶色ですのに右はまだ青々としています。

手前に青いネットがありますが、実のなるころには木の周りに巡らします。イノシシ対策です。丹波での作物作りは大変です。

栗の左側に竹やぶがありますが、タケノコのシーズンには、まだ地中のおいしいタケノコをイノシシが掘り出します。その穴は深さ50センチほどになります。

丹波ではおいしい物を収穫するには余分な労力が必要です。

 


里山通信

P1020742

写真はナメタケです。1週間ほど前から盛んに出はじめました。シイタケのように出る期間が長くなく、いっぺんに出ます。食べきれなくて山の近くの農家の方々や、伊丹のご近所の方々にもプレゼントしています。                                   みそ汁に入れますと、そのぬるぬるした食感と、美味しさは抜群です。

毎年、シイタケとナメタケの菌を原木に植えています。山にクヌギの木がありますので、チェンソーで倒し適当な長さに切り揃えますが、斜面での作業ですのでなかなか大変です。しかし写真のように出てくれると嬉しさも大きいものになります。

今年も菌植えの季節になりました。2回夏を過ごした秋から収穫できます。


top