ぎゃらりー鈴ブログ>

カテゴリー: ブログ

丹波里山便り 鹿の被害

丹波の山には、タケノコ、栗、ミョウガ、コシアブラ、、ワラビ、ウド等が生え季節季節の味を楽しむことが出来ます。

写真は、ミョウガですがこのように先の葉っぱが見事に食い荒らされています。これは鹿の仕業です。鹿特有の糞が山のあちこちに落ちています。栗や果実の木を植えても新芽をすぐ食べられますので、周囲にネットを張り鹿が植えた木に近づけないようにしています。

今までミョウガの被害はありませんでした。過去イノシシにはタケノコ、月の輪熊には日本ミツバチの被害を受けていますが、人里に近い里山に人間が入らなくなって、獣と人間の境目が無くなったのが、原因だと思っています。

里山がほとんど放置され荒れてきており、今後ますます獣が人里に出没することになるのと思います。

山ふもとに近い田んぼ畑は、背の高いネットや電気柵を張り巡らし、その対策と維持に大変な労力と出費が必要です。

被害に遭えば、ミョウガどころではありません。


丹波里山便り クヌギに集まる虫たち

丹波春日の山には、クヌギの大木があります。その木から樹液が漏れており、その樹液にいろいろな虫たちが集まります。樹液は虫たちの餌になっています。

写真中央には、クワガタの雄雌、右の方にはカブトムシの雌でしょうか。右下には、黄色オオスズメバチもいます。スズメバチは日本ミツバチの天敵で見つけ次第駆除しています。

特にオオスズメバチは、蜂の出入り用の隙間を食い破り巣箱の中まで侵入します。そうなると、蜂たちは巣箱から逃げ出し、養蜂家にとれば大きなダメージです。

巣箱の前にネットを張って、スズメバチの侵入を防ぐ手段をとっています。昨年はスズメバチに侵入され、一群れ逃げられました。


丹波里山便り 日本の蜂蜜について

ニホンミツバチの養蜂用の巣箱はいろいろありますが、私は通常重箱と言われる巣箱を使用しています。写真は、一番下からレンズを上に向けて写したものです。巣が見えないびっしりと蜂が屯しており、大変勢いのある群れです。

今春取り込んだ蜂は、密集め花粉集めが盛んで、例年以上に巣が伸びて7月初めに採密をしました。早速、7月17日に開催された西宮神社の手づくり市に出しました。多くのお客さんに買っていただきました。

その折り、日本ミツバチの蜂蜜の説明をしますが、国産蜂蜜は全て日本ミツバチから採ったものと思われている方が居られました。日本で養蜂されているほとんどの方は西洋ミツバチを飼育しその巣から蜜を採集しています。西洋ミツバチの方が蜜を集める力が日本ミツバチに比べて、圧倒的にに優れており、日本の養蜂家は明治の初めに西洋ミツバチに切り替えました。従いまして、国産イコール日本ミツバチではないのです。

養蜂家が減少して、輸入が増えています。日本古来の日本ミツバチを飼う人の少なくなっています。日本ミツバチが飛び交うことはその地域の自然が健全だと言われています。

「日本ミツバチが日本の農業を救う」の本から引用します。日本ミツバチの蜂蜜は年に1回採集するので様々な花の蜜が混じり百花蜜と呼ばれる。そのため、日本ミツバチの蜂蜜には、西洋ミツバチにはない芳香な味がする。また、各種ミネラルの含有量も高く、胃や肝臓に対する薬効もある。

このような特徴があり、手に入りにくい日本ミツバチの蜂蜜をどうぞ味わってください。


丹波里山だより 日本ミツバチ活動盛ん

昨秋、ツキノワクマに巣箱が襲われ、今春は2箱でスタートしました。その一つの勢いがよく、巣箱の中を点検しますと巣板が随分したまで伸びてきており、今回箱を継ぎ足しまして、2箱から3箱にしました。今、山ではエゴノキが白い花をつけており蜜源になっています。この勢いで巣板が伸びてきてくれ、早く採蜜をしたいものです。手の持っている2箱は十分重く、蜜が沢山あることが予想されます。

木の枝にぶら下げていますペットボトルは、スズメバチを捕獲するもので、既に数匹入りました。これからこの対策に苦労します。


一緒に子育て 少年非行に思う

昨日、令和3年5月5日の新聞報道に、「少年院退所後学習を支援」との記事がありました。それによりますと、少年院に入った少年の学歴は4割が高校中退、2割強が中学校卒で厳しい学習環境に置かれている。高卒を条件としている就職の条件にも当てはまらず就労に苦労を強いられているとのことです。

このような報道を待つまでもなく、非行行動を起こす少年は中学校時代に学習活動で大きな挫折を味わっています。私も過去、保護観察官としてまた保護司として彼らに関わってきましたが、それを実感しています。

「ケーキを切れない非行少年たち」の本の中に次のような当事者の発言があります。「中学校に入ったら全く勉強が分からなくなった。でも誰も教えてくれなかった。そのため、学校が面白くなくなり、さぼるようになった。それから悪いことをし始めた」です。

このような非行少年が多いのです。従って、少年院退院後も就労に必要な学歴や、学力をつけるため少年院仮退院後も継続して、学習支援が必要と思います。


丹波里山便り 日本ミツバチ活動

日本ミツバチは、桜の満開から少し遅れて分蜂(巣分かれ)します。冬越した群がこの分蜂により増えていくわけです。蜂を飼っているとこの分蜂が楽しみで待ち遠しいものです。昨年秋の終わり頃に、ツキノワグマの被害や逃去により冬越しの群がなかったのですが、分蜂の時期にあわせて、待ち受け箱を数ヶ所設置したところ、写真のように野生の群の分蜂が入ってくれました。

この群が順調に蜜や花粉を集めて、採蜜できることを願っています。本来、野生で生きている蜂をこのような箱に取り込み、飼育するわけですからいろいろアクシデントがあります。

温暖化によるといわれている、巣落ちやダニの被害、アリやスズメバチの侵入等々です。それにツキノワグマが加わりました。以前から、近くの山で目撃情報がありましたが、私の山は人家や車が通る道に近く、まさかとたかをくくっていました。

山に出る獣は、タヌキ、キツネ、イノシシ、鹿等々です。新芽や作物、栗に被害を与える獣もいます。よく言われるように里山を人間が利用しなくなり、人が山に入る機会が以前と比べて圧倒的に少なくなり、獣と人の境界が少なくなってきたから、獣が里に近づいてきたのです。

これからますます里山やそこに近い田畑が、獣に荒らされることでしょう。柵やネットの設置等費用と手間がかかります。


待ち遠しい春

例年より桜の開花が早いそうですが、この時期は日本ミツバチが新たな動きをします。桜の開花に合わせて、冬越しが出来た巣から、巣分かれして新しい群が誕生します。通常桜が満開になって一週間後からといわれています。

私の群は、昨秋ツキノワグマの被害にあい、一群れしか残りませんでした。その群からの巣分かれを期待するしかありませんが、野生の日本ミツバチが待ち受け箱に入ってくれる可能性もあります。それを期待して数ヶ所に待ち受け箱を置いています。

写真は、私の山にある狭い畑ですが、日本ミツバチが蜜や花粉集めに菜の花に来ています。


今年の冬の寒さは例年以上です。玄関脇に置いてあるメダカ鉢の水も厚く凍ることがありました。冬の寒さを楽しみの一つに写真の炭火があります。大きなテーブル中央に火鉢があります。お餅や干し芋、おかき等を焼きます。お酒の燗も付けます。

火は、人間らしさを取り戻せる感じがします。以前六甲山にハイキングに行ったとき、子どもたちのグループと一緒になりました。大きな広場で休憩中、子ども一番熱中した遊びは、飯ごう炊さんの残り火に木の枝や葉っぱをくすべることでした。

網に載せているお餅は、年末に我が家で杵と臼でついたものです。年末の我が家恒例の行事で、すでに40年ほど続いています。


今年もよろしくお願いします

新しい年も、新型コロナ感染に気を遣いながら迎えました。共々、この時期を無事に乗り越えたいと念じます。                    写真は、丹波春日の私の山です。車の後ろ約30m辺りに工房兼小屋があります。器作りの木ロクロ等の機械を置いてますが、泊まれるようにもしています。大きな薪ストーブがこの時期威力を発揮してくれます。感染拡大が気になるこの時期、逃げ場としては最適です。

この冬は予報通り寒波が来襲して、このような雪を2回経験しました。山の奥から引いています水も凍りました。

この寒さで、日本ミツバチも箱から出てきません。11時頃、陽射しが箱に当たって気温が6,7度になりますと少しですが出入りが見られます。花粉も付けて帰ってきます。蜜源になる花としては、ビワとサザンカくらいでしょうか。クマの被害を免れた群が、無事この冬を乗り切ってくれることを願うばかりです。

次回の手づくり市 西宮神社 1月17日(日) 10:00~


思うこと 高齢者施設での虐待     

高齢者の居住施設や精神科病棟で、利用者が虐待を受け、当局の捜査を受けている等の報道に接することが最近多い。高齢者の施設での虐待に、識者がその予防のためコメントをしていた。「施設スタッフのスキルと経験の不足」が原因と指摘していた。

そのコメントに何か違和感を感じた。スキルとは技術やテクニックの意味である。お年寄りを介護するための技術、例えば、食事特に流動食の食事介助時のスムースな方法であろうか。口を開いて貰うためのスプーンの運び方、嚥下して貰うための姿勢の介助等であろうか。これらは排泄時にも言えることであろう。スムースに事を運ぶ回数が経験であろうか。

感じた違和感とは、果たしてテクニックを向上させ、勤務の経験を積めば果たして虐待は防げのか、ということである。

「福祉の心」と言うような言葉が適当かどうか分からないが、高齢者に対する者が、高齢者にどのような気持ち、態度、姿勢で接するかが、スキルや経験より重要であると考える。

高齢者施設に傾聴ボランティアでお伺いしているが、人手不足の中で柔和な態度、言葉がけで飲み物を配っているスタッフを見ると、私たちさえ心が和むのである。利用者の方々を大事な人、もっと言えば尊厳の気持ちを抱いているように感じる。この態度が、虐待防止の一番重要なことである。

感想、質問等は yc-suzuki65@bcc.bai.ne.jp で送信して下さい。

臨床心理士・元スクールカウンセラー  鈴木隆一

 


top